本校におけるSSHの取り組み

SSH

SSH東北指定校発表会

 1月23日~24日 青森県八戸市で東北地区のSSH指定校の代表生徒が、それぞれの学校におけるSSH事業の取り組み状況や研究成果の発表を行いました。本校からは3グループ、7名の生徒が参加しました。
【口頭発表】
 自然科学部・生物班「マダラヒメグモは恥ずかしがり屋?~光に対する反応について」小林駿亮、板垣純花、須田佳小里、菊池輝

【ポスター発表】 
・自然科学部・物理班「磁石の反発を用いた浮遊装置の耐久性」菅原一真、林瑞生
・高校2年課題研究「沿岸部の復興」喜藤千夏、児玉絢香

  

タイ-日本高校生サイエンスフェア

12月20日~25日、「タイ-日本 高校生サイエンフェア2105」がタイのプリンセス・チュラポーン・サイエンスハイスクール(PCSH)ペチャブリ校で実施され、タイからの招待を受けて本校の2年生10名が参加しました。このイベントはタイに12校あるPCSHの生徒を中心にタイの高校生235名とPCSH各校と連携している日本のSSH校から150名余りの高校生が集い,日頃の課題研究の発表や各種科学プログラムへ参加を通して交流を行いました。
 本校生徒は5つの課題研究についてポスター発表を行いました。科学プログラムではJAXAの川口淳一郎氏による講演や天体観測などが行われました。
 期間中は本校との姉妹校であるPCSHサトゥン校の生徒の皆さんが本校生徒にバディとして付き添ってくれて、有意義な国際交流を深めることができました。

  

  

科学縁日

 12月13日(日)に仙台市科学館で「科学縁日」が開催されました。
 中学自然科学部による液体窒素の実験ショーや手作りスライム・ルミライト作成、デジタル地球儀ダジックアースの展示などを行いました。200名を超す多くのお客様が来場し、楽しく科学について学ぶことができました。

  

みやぎサイエンスフェスタ

 仙台三高を会場に開催されたみやぎサイエンスフェスタに本校の中高自然科学部の生徒が参加しました。本校生徒の発表の題目は下記のとおりです。

〈ポスター発表〉高校生
 「磁石の反発を用いた耐久装置の作成」
 「緒絶川の水質改善」
 「流星の分光観測」(優秀賞受賞)

〈ポスター発表〉中学生
 「音声による植物の成長度合いの変化」
 「大崎市内の在来魚の生息域と外来魚の生息域」
 「旧古川市内における水質の調査」
 「挿し木を利用した無性生殖の有効性の研究」
〈科学実験教室〉ヒドラ・ゾウリムシ・ボルボックスの観察
(口頭発表)
「マダラヒメグモは恥ずかしがり屋?~光に対する反応について」

SSH中間発表会

 本校では、平成24年度から28年度までSSHの研究指定を受けていますが、その研究の中間発表会を11月11日に開催しました。当日は本校SSH運営指導員を始め、JSTや宮城県教育委員会から指導助言の先生方、近隣の小・中・高等学校および他県から60名をこえる先生方をお迎えして公開授業が行われました。

公開授業Ⅰ(3校時目)
 中学1年 数学「平面図形」後藤貴幸教諭 小野加蘭教諭
 高校1年 コミュニケーション英語Ⅰ
 科学英語による「『エネルギー』ディベート」曽根由美子教諭
 高校1年 SSHラボ 「盲班の形の検証」後藤宗典教諭

公開授業Ⅱ(4校時目)
 中学3年 理科「自然と人間」遠藤拓海教諭   
 高校1年 SS数学ⅡBⅠA「図形と計量」 長南宗寿教諭
 高校1年 SSHラボ「盲班の形の検証」後藤宗典教諭

その後、各分科会と全体会が行われ、全体会では高校2年生の2グループによる「色指数で見た暗黒星雲の姿」と「沿岸部の復興―カキの養殖の町石巻を訪ねて-」の課題研究発表がありました。

第138回地球電磁気・地球惑星圏学会

11月2日~3日に,東京大学本郷キャンパスおよびLMJ東京研修センターで行われた,
第138回地球電磁気・地球惑星圏学会(一般公開イベント)に,中学2年の伊藤颯矢くん,菅原篤弥くんの2名が「はかせの卵」として参加しました。
http://sgepss.org/ornew/sgepss_event2015
イベント会場に来場した小学生に4次元デジタル地球儀ダジック・アースを使って,惑星や地球に関する解説を行いました。また,解説を聞いた研究者から,お褒めの言葉をいただきました。

  

  

高校2年中間発表会

4月から取り組んでいる高校2学年の課題研究の中間発表会が2学年教室や理科実験室で行われました。各教室とも、5~7班の班がポスターや口頭で発表し合い、お互いに感想やアドバイスを出し合いました。今後は、2月9日の全体発表会に向けて研究をまとめていく予定です。

1学年SS総合Ⅰ校外学習

校外学習を通して、防災科学に関する興味関心を高め、自ら課題を見つけ出し、科学的な視点に立って課題を解決する力を養うことを目的に、高校1年生を対象に、第2回目の防災地域科学校外学習が実施されました。当日は情報発信、教育、国際化、医療、食、エネルギー、産業まちづくり、ボランティア・地域生活・産業振興、スポーツなどのカテゴリー別に9グループに分かれて各地に出かけ、施設見学や説明を聞いたり、聞き取り調査をして有意義な一日を過ごしました。見学先は次のとおりです。なお、1年生はこの校外学習を活用しながら課題研究を進め、1月26日(火)に発表する予定です。

1班〈仙台方面〉 NTT東日本宮城支店で震災時の通信と技術の進化の講義、NHK仙台放送局で放送局の見学と災害報道に付いての講義

 

2班〈亘理方面〉亘理町立荒浜中学校で学校現場での防災教育のあり方の講話、亘理町教育委員会で亘理町の震災被害及び復興状況についての講議

3班〈仙台方面〉JAICA東北で海外の災害時における日本の支援援助の現状と課題についての講議    宮城県国際化協会災害時の在日外国人の状況と課題の講義および在日外国人との懇談

4班〈石巻方面〉石巻赤十字看護専門学校で災害時の病院の対応と今後の課題についての講義および災害時に必要な応急処置の実習

5班〈石巻・古川方面〉木野屋石巻水産美里町工場で工場見学および震災から復興した工場についての講義
尾西食品宮城工場で工場見学及びα米につての商品説明、被災地で必要とされる食料についての講義

6班〈多賀城・仙台方面〉東北電力仙台火力発電所の見学・メガソーラー施設見学、TBCハウジングステーションで東日本大震災時の対応の講義、東北大学の取組み等の鑑賞

7班(色麻・仙台方面)積水ハウス東北工場で見学・体験 泉パークタウン紫山展示場での見学と聞き取り調査

8班(南三陸町方面)南三陸ポータルセンターで南三陸町被災地視察、南三陸町の被災状況と復興に向けた取り組みについての講義、ボランティア、地域生活、産業振興プランについての講義

9班(仙台・多賀城方面)アイスリンク仙台施設見学、被災から復興したアイスリンクについての講義、NPO法人多賀城スポーツクラブ見学、および震災時対応と市民生活にスポーツが与えた影響についての講義

科学講演会

演題:「ゾウの時間・ネズミの時間・私の時間」
講師:本川達雄(東京工業大学名誉教授)
 歌う生物学者として有名な本川先生は仙台市出身。ネズミの心臓は早く打ち短期間で成熟し子を産み寿命は短い。ゾウはその逆。生活のペースを動物の時間と考えれば、ネズミの時間とゾウの時間は異なる。また、体重当たりのエネルギー消費率を比べるとネズミの方が格段に大きい。実はエネルギー消費率と動物の時間の進む早さは比例するという。現在の我々は、縄文時代の30倍のエネルギーを消費している。つまり時間が早く進んでいるのである。私たち現代人は時間を狭くしている。時間は環境。時間環境を適切(ゆっくり)にすれば、エネルギー問題、地球温暖化等が解決されるという。環境問題は「私」の問題である。生徒も得心がいったようです。

地域科学教室

 黎明際一般公開日に、自然科学部が実験を演示し、来校された方々にも実験に参加していただきました。演示した実験は次の通り
1.アセトン~泡の形を意のままに~
2.ダイラタンシー~水溶き片栗粉で~
3.人工クラゲを作ろう
4.爆鳴気~水素ガスでシャボン玉を膨らまし火を近づけると~
5.冷却パックを作ろう
雨天にもかかわらず、多くの方に体験していただきました。また、部誌、ファージストラップ、DNAストラップ等も好評でした。