本校におけるSSHの取り組み

SSH

サイエンスデイ2017

 自然科学部では,7月16日(日)に東北大学で行われる科学イベント「サイエンスデイ2017」に参加いたします。「サイエンスデイ」は“科学のプロセスを五感で感じる ・ 科学で地域が見える”をコンセプトにした体験型・対話型のイベントです。2007年より行われ,昨年度は200以上の出展,約10,000人の来場者がありました。本校自然科学部でも「虚偽の実験報告」をテーマにいくつかの実験を行い,多数の来場者に科学の楽しさを伝えていきたいと考えております。ご来場,お待ちしております。

サイエンスデイのHP:http://www.science-day.com/

出展プログラム紹介:http://www.science-day.com/program/list.php?y=2017

  

JpGU-AGU Joint Meeting 2017

 5月21(日)に,幕張メッセ国際会議場,国際展示場(千葉県幕張市)で,JpGU-AGU Joint Meeting 2017(主催:日本地球惑星科学連合,米国地球物理学連合)が開催されました。

http://www.jpgu.org/meeting_2017/index.htm
 本校からは,高校自然科学部1年,菅原篤弥くん,伊藤颯矢くん,中学校3年三野正太郎くんが高校生ポスターセッションに参加しました。
 当日は国内外から大勢の地球惑星科学に関する科学者が集まる中「回折格子を用いた流星の分光観測」というテーマで,発表を行いました。研究者からの助言や他校の生徒との議論など,これまでの自分たちの研究を振り返り,今後の進め方に関するたくさんの収穫があったようです。
 さらに会場では,最先端の研究に関する講演や,NASAやJAXAの研究者による講義が行われ,参加した3人は進んで質問をするなど大変積極的な姿勢が見られました。

  

  

  

ロボカップジュニア・ジャパンオープン2017ぎふ・中津川

 3月24(金)~26日(日)に,岐阜県中津川市東美濃ふれあいセンター多目的アリーナで,ロボカップジュニア・ジャパンオープン2017ぎふ・中津川大会が開催されました。

http://www.robocupjunior.jp/outline.html
 本校からは,中学自然科学部の6人が東北地区の代表としてサッカーチャレンジ・ビギナーズ部門に出場しました。
 ロボカップジュニアは,国際科学技術コンテストに選定され,独立行政法人科学技術振興機構の支援を受けています。3種類の競技テーマ(サッカーリーグ,レスキューリーグ,OnStageリーグ)があり,ロボットの設計製作を通じて次世代のRobo Cupのリーダーとなるための基礎基本を身につけられる協同学習の場を提供し,競争の先にある協調を目指しています。
 今回,6人が挑戦したサッカーチャレンジは,各チーム2台の自律型ロボットによるサッカー競技で,赤外線発光のボールを通常のサッカーと同様に相手ゴールに入れて得点を競う競技です。
 全国から高校生も含む32チームが参加し,変則スイス式トーナメントで10試合戦いました。結果は4勝3敗3引き分けで,初出場ながら,17位という結果でした。

  

  

第4回宇宙エレベーターロボット競技会 全国大会

 11月20日(日)東京の日本科学未来館を会場に行われた、第4回宇宙エレベーターロボット競技会に、中学自然科学部の阿部 嵩生くん,伊藤 果恋さん,菊地 千愛さん,高校自然科学部の下山奈津美さんのチームが出場しました。
 宇宙エレベーターロボット競技会は,小中高校生が交流をしながら,夢の乗り物である宇宙エレベーターについて学び,レゴ®ブロックを使ってロボットを製作します。ロボットは,4m上にある宇宙ステーションへ向けてテザー(リボン状の紐)を昇り,制限時間内になるべく多く,ステーション内にピンポン球を安全に運ぶことを競い合います。
 当日は,競技のほかにも,日本大学理工学部の青木義男教授による宇宙エレベーターに関する講演,ポスターセッションなども行われました。
 全国から高校生も含む合計76チームがエントリーする大きな競技会でしたが,初出場ながら20位と大健闘でした。貴重な経験を今後に生かし,来年度へ向けて,さらに機体の性能を高め,機体制御のプログラムの効率アップを図りたいとのことです。

  

みやぎサイエンスフェスタ

 仙台三高を会場に開催されたみやぎサイエンスフェスタに本校の中高自然科学部の生徒が参加しました。本校生徒の発表の題目は下記のとおりです。

〈口頭発表〉高校生

「消えたクロレラとグリーンヒドラの謎」(優秀賞受賞)


〈ポスター発表〉高校生

「消えたクロレラとグリーンヒドラの謎」
「緒絶川の水質改善」


〈ポスター発表〉中学生

「旧古川市内におけるメダカのDNAによる判別」
「星が見える条件を探る」
「流星の分光観測」
「旧古川市内のおける水質調査」
「朝顔の体内時計を狂わせるのに効果的な色」


〈科学実験教室〉ヒドラ・ボルボックスの観察、 科学クイズ

  

高校1学年SS総合Ⅰ校外学習

 今回で2回目となる校外学習では,課題研究チームが決定しており,研究の方向性もある程度決まってきていることから,「課題発見力」「情報収集力」の育成に重点を置いて実施されました。その中でも,東日本大震災当時の被災状況や各自治体などが地域の方々と取り組んでいるその後の復興の様子などを目の当たりにできたことが,生徒たちにとって,大きな学びになりました。
【訪問地】宮城テレビ・NTT東日本宮城支店〔情報発信〕,気仙沼市立階上中学校・気仙沼向洋高校〔教育〕,JICA東北・宮城県国際化協会〔国際化〕,石巻赤十字看護専門学校〔医療〕,尾西食品(株)宮城工場・(株)木の屋石巻水産 美里町工場〔食〕,東北電力仙台火力発電所・TBCハウジングステーション〔エネルギー〕,積水ハウス東北工場・泉ハウジングパーク紫山住宅展示場〔建築・町づくり〕,南三陸ポータルセンター〔ボランティア,地域生活・産業振興〕,アイスリンク仙台・NPO法人多賀城市民スポーツクラブ〔スポーツ〕

  

SSH課題研究発表会

 平成28年2月9日、本校アリーナにおいてSSH課題研究発表会を行いました。多くのご来賓をお迎えしての開会行事の後、前半は口頭発表で、タイ-日本高校生サイエンスフェア参加報告、仙台二華高校の生徒課題研究発表、本校代表生徒課題研究発表を行いました。


  

  

後半は発表会のメインとなるポスター発表を行いました。高校2年課題研究62件、高校1年防災科学研究12件のほか、中学校・高等学校の自然科学部、今年は仙台二華高校の課題研究のポスター展示もありました。高校2年生の課題研究のテーマは「国語」「地歴公民」「心理学」「スポーツ科学」「物理」「化学」「生物」「地学」「地場産業」「復興」など多岐に渡りました。それぞれのグループが研究成果を1枚のポスターにまとめ、ポスターセッションを行いました。来賓の方々や保護者の方々、さらに中学3年生・高校1年生が見学し、熱心に聞き入っていました。質疑応答も活発に行われました。

  

  

課題研究テーマ一覧

分野 No. タイトル
災害科学 1 雄勝の現状から考える復興
2 震災復興のボランティア活動が高校生に与える影響
方言 1 宮城の方言の浸透性 
文学 1 旧約聖書の現代への伝わり方
2 童話の改変と子供達へのメッセージ
3 石碑を読み解く
医療 1 なぜ日本において尊厳死と安楽死は法律化されないのか
体育 1 ここぞという時に力を発揮する方法
歴史 1 奥州刀剣語
2 宮城特有の名字について
3 会津藩と長州藩
4 DATE'sキッチン
5 新選組~結成と栄光~
地域 1 黎明の歴史と伝統
民俗 1 古事記とギリシャ神話について
2 各宗教における死生観の違い
3 小牛田の民話と地域のつながり
4 架空の生物の由来
復興 1 沿岸部の復興―カキ養殖の町石巻を訪ねて―
物理 1 紙飛行機の材質と飛距離の関係性
2 紙飛行機の羽の面積と飛距離の関係性
3 紙飛行機が一番飛ぶ角度は?
4 キレのいいストレートを投げるためには
化学 1 日焼けについて
2 酸化チタンを用いた色素増感型太陽電池の作成
3 驚きの黒さ
4 世界に1つだけのシャボン玉
5 レコードのパック式クリーナー作り
地学 1 流星による熱圏・電離層の観測
2 色指数で測った暗黒星雲の姿
生物 1 DNAにおけるアルコール分解酵素
2 食品培地によるペニシリン抽出量の変化
3 緒絶川の水中微生物と水質への関連性
4 カフェインがクモに与える影響!
5 ナメクジの体表の謎
6 モスキート音について
7 アリは人のように酔っ払うのか?
食品 1 美味しく食べよう唐辛子
地場産業
(分析)
1 味噌の乳酸菌の種類と量
2 大崎ブランド 岩出山味噌
3 古川漬けに含まれている乳酸菌
4 ジャージー 暴かれる乳酸菌の数
地場産業
(開発)
1 みそと乳酸菌
2 エゴマの七変化
3 Deliciousトマト
4 宮まんぢうの開発
地場産業
(流通)
1 デリシャストマト
2 地場産品のPR方法について
3 Oh! Miso!!
4 釜ちゃんやきととんたろうのコラボ
5 まんじゅう街道
6 岩出山の花山酒まんぢうをたくさんの人に知ってもらおう
心理 1 嘘を見破る
2 人は何を不快音と感じるのか
3 話しやすい人になるには
4 相手の性格を知り的確な行動選択をしよう
5 人が頭に残りやすい色ってなに?
6 First impression ~第一印象~
7 きょうだいと心理学との関係
8 思い込みによる心理の変化
9 いじめの原因には何が関係しているのか
10 勝つ色と心理

高校1学年防災地域科学課題研究発表会

 1月26日6,7校時、高校1学年課題研究の成果を発表し、今後の防災に関する提言をまとめるための課題研究発表会を、6名の指導助言者をお招きして1学年全クラスで行いました。防災に関わる10のカテゴリー(国際化、地域生活・産業振興、情報発信、教育、建築・街づくり、食Ⅰ・Ⅱ、医療Ⅰ・Ⅱ、エネルギー、スポーツ、ボランティア)で38テーマについて、チーム毎に学んだことをまとめ、分かりやすく伝える力を育むと共に、表現力や科学的なコミュニケーション力を高めてきました。
 発表はポスター発表形式で行いました。発表はポスターだけでなく、模型やイラスト・実演などの工夫を凝らしている班もありました。また、聴衆は多くの発表を聞くことで防災について幅広い視点で考えるなど、活気ある発表会になりました。

  

  

  

優勝チーム一覧(2月9日の課題研究発表会で発表しました)

国際化 朝まで生テレビJr ~災害時におけるサプライチェーン~
地域生活・産業復興 1.南三陸町のまちづくり~「人口」と「権利」の課題から~
2.GO!GO!我らが宮城復興隊~産業復興の先の地域発展へ向かって~
情報発信 通信をつなぎ 人の命をつなぐ~震災から学ぶ通信技術~
教育 ゆめの学校づくり~防災における学校の在り方~
建築・街づくり 災害に適応できる町づくり~個々の家ができること~
食Ⅰ・Ⅱ 1.元気をくれる災害時の食~災害時でも美味しいものが食べたい~
2.災害時に備えた野菜の保存法~バランスと栄養を考えて~
医療Ⅰ・Ⅱ 1.災害と看護~たくさんの命を救うために~
2.あなたの心を癒やします~災害時の心のケア~
エネルギー ドローンに新たな可能性を~ドローンを用いた災害システムの提案~
スポーツ 災害経験から分かる運動施設の在り方~運動施設における災害時のメリット・デメリット~
ボランティア 災害時のボランティア~被災者と支援者を繋げるために~

SSH東北指定校発表会

 1月23日~24日 青森県八戸市で東北地区のSSH指定校の代表生徒が、それぞれの学校におけるSSH事業の取り組み状況や研究成果の発表を行いました。本校からは3グループ、7名の生徒が参加しました。
【口頭発表】
 自然科学部・生物班「マダラヒメグモは恥ずかしがり屋?~光に対する反応について」小林駿亮、板垣純花、須田佳小里、菊池輝

【ポスター発表】 
・自然科学部・物理班「磁石の反発を用いた浮遊装置の耐久性」菅原一真、林瑞生
・高校2年課題研究「沿岸部の復興」喜藤千夏、児玉絢香