本校におけるSSHの取り組み

2015年8月の記事一覧

地域科学教室

 黎明際一般公開日に、自然科学部が実験を演示し、来校された方々にも実験に参加していただきました。演示した実験は次の通り
1.アセトン~泡の形を意のままに~
2.ダイラタンシー~水溶き片栗粉で~
3.人工クラゲを作ろう
4.爆鳴気~水素ガスでシャボン玉を膨らまし火を近づけると~
5.冷却パックを作ろう
雨天にもかかわらず、多くの方に体験していただきました。また、部誌、ファージストラップ、DNAストラップ等も好評でした。

PCCサトゥン校来校

 本校SSH研究開発課題の一つである「世界の国との連携」として,世界へ科学を発信できるグローバルなコミュニケーション力を習得するため,海外連携校であるタイのPrincess Chulabhorn’s College Satun(プリンセスチュラポーンカレッジ・サトゥン)校から生徒5名と教員など4名が来校しました。本校生徒と一緒に高校の数学や理科の授業への参加,歓迎セレモニーでのプレゼンテーシ ョン発表,黎明祭クラスパフォーマンスでのタイ舞踊披露,自然科学部と共同でのポスターセッション,東北大学災害科学国際研究所の見学や東北大学タイ留学生との交流も行うなど,盛りだくさんのプログラムでした。12月には10名の2年生がタイで開催される「タイ-日本高校生サイエンスフェア2015」に参加する予定です。

  

SSH生徒研究発表会 (大阪)

会  場:インテックス大阪(すぐ隣に海遊館)
発表者:鈴木湧平(2年)・岩渕優介(2年)
発表題:「流星の光度変化」
参加者:発表者を含む9名の高校生徒

8月5日(1日目)
9:00開会・講演

講演者:東京理科大学学長  藤嶋  昭 氏
演題「研究は楽しい!!先人の科学者に学びつつ、身の回りの現象をヒントに新しい科学を作っていこう-光触媒で未来を開く-」
10:30~ポスター発表(評価)
13:30~17:00ポスター発表(一般公開)、アピールタイム
17:30~18:00講評・全体発表校選出

8月6日(2日目)
9:00~11:05全体発表校による口頭発表
12:30~13:30ポスター発表(一般公開)、研究者ミニライブ公演
14:00~表彰、講評、閉会

ポスター発表参加校は203校(SSH指定校中心) 、海外招聘校を加えると220校を超えました。 本校生徒の発表内容は 「流星の発光し始めた時と終りの時に色の変化が見られる理由」について研究したものです。ブースを訪れた聴衆との研究内容についての問答は非常に専門的で研究レベルの高さを感じさせるものでした。夜空を眺めながら流星を待つ。そんな機会が増えそうです。


また、220を超える各校のブースにおいても活発なポスターセッションが行われ、参加した生徒達は研究内容から新たな知見や今後の研究のヒント等を得たたようです。全国の高校生の研究に触れ多くの刺激を受けた様子が表情から窺えました。心斎橋で夕食にお好み焼きを食べたあの表情も良かったけれど・・・。

サイエンス研修 (東北大学実験講座)

  

 昨年に引き続き,東北大学大学院工学研究科等の協力により,3~4名のグループに分かれ,さまざまな実験を体験してきました。
<研修先>
・工学研究科知能デバイス材料学専攻
   強度材料物性学分野 吉見研究室
・工学研究科材料システム工学専攻
   微粒子システムプロセス学分野 川崎研究室
・金属材料研究所 非平衡物質工学研究部門 加藤研究室