ブログ

カテゴリ:なぎなた部

県高校総体が行われました。

第68回宮城県高等学校総合体育大会なぎなた競技会が6月2日(日曜日)宮城野体育館で行われました。

演技競技の部

2位 高井華・酒井チーム インターハイ・東北大会出場

3位 高井璃・神山チーム 東北大会出場

4位 福原・進藤チーム 東北大会出場

個人試合の部

2位 高井華 インターハイ・東北大会出場

4位 酒井 東北大会出場

団体試合の部

2位 東北大会出場

 

団体試合の部では、大将まで0-0で、勝負は代表者戦に持ち込まれ、敗退しました。

団体試合でインターハイ出場権を逃した瞬間や、それぞれの試合で敗退した場面では、悔し涙も流れましたが、開会式で部長が宣誓したとおり、相手への敬意を忘れず、最後まで堂々と競技して力を出し切ってきました。

6月22日、23日には東北高等学校選手権大会が行われます。

8月のインターハイに個人で出場を決めた選手もいます。

これからも、技術力、チーム力、姿勢・態度の美しさに磨きをかけることをめざして、前を見続けて稽古に励みたいと思います。

なぎなた部です。

 なぎなたは、210~225cmもの長い得物を振り、相手のメン、ドウ、コテ、スネを打ちあう武道です。剣道と似た防具を着用して行いますが、特徴的なのは「スネあて」を着用することです。また、防具を着けた試合競技以外にも、2人一組で「しかけ応じ」という形(かた)を行い、その正しさ、美しさを競う「演技競技」もあります。2mを超す長物を用いたそれぞれの技はとても美しく、華麗です。

 私たちなぎなた部は、現在1年生3人、2年生6人、3年生4人の13人で日々稽古に励んでいます。現在中学での経験者は3人だけで、ほとんどが高校になって初めてなぎなたを持った初心者です。それでも、他のチームに負けないよう皆で目標を持って稽古し、上級生になるころには多彩な技を使いこなすようになり、級位や段位を取得することもできます。上級生はとても明るく優しく、初心者で入部した下級生も毎日楽しくなぎなたを習うことができるのが、私たちの部の魅力です。

 県内でなぎなた部を持つ学校はとても少なく、誰もが東北大会や全国大会で活躍するチャンスを得られます。武道にチャレンジしてみたい人、礼儀や美しい所作を身につけたい人、有段者になりたい人、そして、東北、全国の舞台に立ってみたい人、ぜひなぎなた部に来てください。初心者、経験者ともに熱烈歓迎です。