ブログ

2019年6月の記事一覧

石巻復興マラソン

6月23日,石巻市総合運動公園を発着とする石巻復興マラソンに本校選手10名が出場しました。

普段走ることない10kmのロードレースということもあり,男女それぞれが集団を形成して走り,概ねそろってゴールする形になりました。前期中間考査を終えた直後の選手たちには中々厳しいレースとなりましたが,みんな楽しく走ることができました。

競技役員のみさなん,ボランティアのみなさん,本当にありがとうございました。

結果は次のとおりです。

【男子】

 9位 齋藤 真満(2年)

10位 佐藤 亮平(1年)

11位 高橋 柊伍(1年)

12位 佐藤 圭吾(1年)

13位 鈴木  羽(2年)

 

【女子】

3位  佐々木愛希(1年)

4位  柳澤真緒那(1年)

5位  千葉 百瑛(2年)

6位  高嶋 郁花(2年)

9位  横田 幸奈(2年)  

東北高等学校陸上競技大会結果報告

6月14日~17日,第74回東北高等学校陸上競技大会が秋田県立中央公園陸上競技場で開催されました。

大会期間中は風雨に見舞われ,恵まれたコンディションとは言い難い状況ではありましたが,今大会で引退となる3年生とこれからのチームを担う1・2年生が力を合わせ,持てる力を十二分に発揮してくれました。惜しくもインターハイ出場はかないませんでしたが,思い出に残る秋田遠征になりました。

主な結果は次のとおりです。

【男子】

〇110mH 準決勝進出 鈴木 悠平(2年)

〇ハンマー投 第10位  二階堂凱斗(3年)

【女子】

〇100m 準決勝進出 山内 七海(3年)

〇200m 第8位 山内 七海(3年)

〇4×100mR 準決勝進出 [秀岳侑美(2年),斎藤愛華(2年),大和珠弓(3年),山内七海(3年)]

〇4×400mR 準決勝進出 [大和珠弓(3年),伊藤千陽(3年),秀岳侑美(2年),高嶋郁花(2年)]

〇走幅跳  第7位 戸羽 優依(3年) 

〇円盤投  第7位 佐々木智絢(2年)

令和元年度国体弓道競技少年の部 宮城県代表決定!

6月15日(土)に宮城県遠的場で行われた宮城県国体弓道競技少年少女の部代表最終選考会の結果を報告します。

昨年度に行われた一次選考を通過した本校選手は男子3名でしたが、6月8日の二次選考会で候補者が男女各8名に絞り込まれた際に2名が脱落。残ったのは橋元大輔(2年)のみとなっていました。
敗れた仲間の分まで想いを背負い、いざチャレンジ!

会場となった宮城県遠的場。当日はあいにくの雨模様となりました。
射場側から見た写真で、矢道60mの距離感がわかりますか?

実は的側から見るとこんなに遠いんです!

矢道は通常の近的競技(28m)の2倍以上あります。
近的の時と同じように引いていては当たらないので、事前の練習が不可欠です。

的の大きさも近的の直径36cmに対して、なんと直径1m!

的中数を競う近的と異なり、矢所(当たった場所)によって得点が変わるルールです(中心から10点、9点、7点、5点、3点)。

選考は8日の近的記録と今回の遠的記録(それぞれ20射)に加え、射形の美しさやその他の資質など、複数の選考委員による総合的な判断によって行われました。


選考結果発表では橋元を含む4名の名前が読み上げられ、令和元年度国体弓道少年の部宮城県代表チームがここに結成されました。少女の部代表チーム4名を含めた選手の皆さん、本当におめでとうございます。

今後は県内外で計10回の強化練習を行い、4名の中から正選手3名を決定していきます。
当面の目標は、8月23〜25日に福島県郡山市で行われる東北総体(ミニ国体)。
ここで東北6県の代表がお互いに競い合い、勝ち上がった上位2チームだけが、10月4日から茨城県水戸市で行われる国民体育大会に出場できます。

全国の檜舞台を踏むまで、まだまだチャレンジは続きます。
今後ともご声援をよろしくお願いいたします。

茶華道部 お茶会報告

 

お茶会・その1

平成最後の日曜日、岩出山有備館での茶会に参加してきました。3年生にとっては最後のお点前披露となります。本格的な茶室は初めての経験でしたが、精一杯点ててきました。当日はお天気にも恵まれ、100名を超すお客様に足を運んでいただきました。

皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶会・その2

高校総体が終わった6月5日水曜日、校内茶会を催しました。小川校長先生他7名の先生方をお招きして、日頃の感謝の気持ちをこめて一服差し上げました。1.2年生で準備を行い、普段とは異なる緊張感の中でおもてなしをすることができました。9月の黎明祭に向け、さらにお稽古に励んでいきます。部員も募集中です!

 

吉野作造記念館見学

 運動部は県高校総体で熱戦を戦っている6月始め、文化部も活動に励んでおります。

 さて、今年も吉野作造記念館見学に行ってきました。

 館内見学の他に、小嶋学芸員による解説・講話をいただき、今後の創作活動に生かせるような示唆を得られました。氏家館長との懇談もあり、吉野作造のエピソードに学業に励まねばならないという思いを新たにすることができました。

 文芸部の次なる目標は、短歌甲子園と文芸コンクールです!

 

宮城県合唱祭に参加しました!

2019年6月2日(日)多賀城市文化センターで行われた第71回宮城県合唱祭に中高コーラス部で参加してきました。「夏色メドレー」として、夏をテーマとした5曲を生徒たちが編曲し、ダンスをまじえて歌ってきました。審査員特別賞も頂きました。

7月7日(日)14時からパレット大崎のホールで定期演奏会を行います。是非ご来場下さい♪

彗星会議

6月9日付けの河北新報に、自然科学部の伊藤颯爽君(3年)と佐藤優衣さん(1年)の記事が掲載されました。内容は、6月15・16日に大崎生涯教育センターなどで開催される「第49回彗星会議 in 大崎」で2人が研究発表を行うというものです。ぜひ記事をご覧下さい。また、お時間があれば、彗星会議をのぞいてみるのもいかがでしょうか。

DateFM「とび出せ!高校生諸君」収録

6月10日(月)にエフエム仙台(仙台市青葉区)で行われた「とび出せ!高校生諸君」収録の様子について報告します。

http://www.datefm.jp/tobikou/

収録場所は青葉区本町二丁目のDateFM。当たり前ですが、本物のFMラジオ局です。


17時少し前に部員5名と集合し、いざスタジオへ。

出迎えて下さったのは、放送部員にはお馴染みの番組ディレクター、「Qさん」ことオフィスQの髙橋清博さん。高校時代に放送部員だった私にとっては、もう30年前からお世話になっている方です。こちらの立場は変われども、大人になってまたQさんと一緒にこのスタジオで仕事が出来るとは感無量です。そういう縁ってあるんですね。
簡単な打ち合わせを済ませ、収録開始。
前半は、もうすぐ本校で始まる学校行事について3名によるフリートークを収録しました。

後半は交通安全啓発プログラム「とび出すな!高校生諸君」の575披露と、本校教師へのインタビュー「あの頃、みんな高校生!」を2名で収録しました。
どの先生が登場するかは、オンエアまでの秘密です。楽しみにお待ちください。
ヒント:キーワードは「15分の青春」です。

放送は6月20日(木)20時0分から、仙台のDateFM(77.1MHz)でオンエアされます。聴き逃した場合は、1週間以内ならradikoでお楽しみいただけます。遠方にお住まいの方もぜひネットラジオでお楽しみ下さい。

県総体結果

令和元年度県総体 男子ソフトテニス部結果

団体戦

1回戦 対 一高(第4シード) 大平・浅野(3年・3年) 2-4 一高 1番手

               宮澤・山田(2年・2年) 3-4    3番手

               菅原・庄司(2年・2年) 3-4    2番手

 

         内容的にはあわや第4シードを食うか?という大健闘でした

 

個人戦

1回戦 菅原・庄司(2年・2年) 対名取高校  4-3 勝

     齋藤・伊藤(2年・2年) 対宮城工業  1-4 負

     宮澤・浅野(2年・3年) 対聖ウルスラ 0-4 負

2回戦 菅原・庄司(2年・2年) 対東北高校  0-4 負

 

        今年もいいチームでした。3年生ご苦労さん!

県高校総体が行われました。

第68回宮城県高等学校総合体育大会なぎなた競技会が6月2日(日曜日)宮城野体育館で行われました。

演技競技の部

2位 高井華・酒井チーム インターハイ・東北大会出場

3位 高井璃・神山チーム 東北大会出場

4位 福原・進藤チーム 東北大会出場

個人試合の部

2位 高井華 インターハイ・東北大会出場

4位 酒井 東北大会出場

団体試合の部

2位 東北大会出場

 

団体試合の部では、大将まで0-0で、勝負は代表者戦に持ち込まれ、敗退しました。

団体試合でインターハイ出場権を逃した瞬間や、それぞれの試合で敗退した場面では、悔し涙も流れましたが、開会式で部長が宣誓したとおり、相手への敬意を忘れず、最後まで堂々と競技して力を出し切ってきました。

6月22日、23日には東北高等学校選手権大会が行われます。

8月のインターハイに個人で出場を決めた選手もいます。

これからも、技術力、チーム力、姿勢・態度の美しさに磨きをかけることをめざして、前を見続けて稽古に励みたいと思います。