ブログ

部活動・愛好会

女子ソフトテニス部です!

令和元年度大崎地区ソフトテニス新人大会

個人戦 新井琴奈・鎌田実里 第3位

    伊藤奈央・齋藤恵実 ベスト8  以上2組が県新人大会へ出場

令和元年度宮城県高等学校ソフトテニス新人大会

個人戦 新井・鎌田 2回戦

    伊藤・齋藤 2回戦

団体戦 1回戦 ②ー0 柴田農林川崎

    2回戦 ②ー0 気仙沼

    3回戦 0-② 東北生活文化大高  

 ※3年ぶりにベスト16

    県インドア出場決定戦 1-② 富谷

本校卒業生およびソフトテニス部OGの皆様、県内外のソフトテニス関係者の皆様、いつもお世話になっております。

今年度の新人大会の結果です。

惜しくも県インドア大会出場はなりませんでしたが、個人の技量プラスチーム力でなんとかベスト16まで進出しました。長いインドアシーズンに入りますが、基礎基本を重視した練習を重ねていきますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

令和元年度第38回宮城県高等学校放送コンテスト新人大会結果

3年生が抜け、2年生以下での活動を開始した放送部。

新体制最初の公式戦である県新人コンテストに参加してきました。

今回はアナウンス3名、朗読5名がエントリー。

ドキュメント部門やキャンペーン部門への参加は、今回も見送りとなりました。

(顧問としてはぜひやりたいのですが……)

 

10月26日(土)、仙台二華高等学校で行われたアナウンス・朗読予選。

本番までの練習の成果を発揮すべく、みな頑張ってくれました。

また会場に雑音が入らないよう、入り口の開閉を司る「ドア係」も立派に務めました。

結果は、アナウンス部門で1名が決勝大会進出!

これは、100人を超える参加者から20番以内に入る快挙です。

朗読部門は、残念ながら誰も決勝大会に残れませんでした。

 

そして11月13日(水)に日立システムズホール仙台で行われた、宮城県決勝大会。

仙台市以外の高校の放送部でここに残ったのは、全部門を通して本校の生徒ただ1人。

「仙台市内の高校でなくたって、放送部はやれる。」

顧問にとっては、そんな「非・仙台地区高校の意地(?)」をかけて臨んだアナウンス部門決勝でした。

なぎなた部の活動を紹介した本校生徒は、練習以上のアナウンスをしてくれたと思います。

……が、結果はベスト12に届かない奨励賞。

2月に福島県で開催される東北大会への進出は、惜しくも叶いませんでした。

 

来年度のNコンこそ全国大会に残るべく、更なる精進を重ねて参ります。

引き続き応援宜しくお願いします。

 

なお、本校放送部出演のDateFM「とび出せ!高校生諸君」は2020年1月23日(木)放送予定です。

当ブログにて、収録の様子なども後ほど紹介していきたいと思います。

11月第2週 活動結果報告

11月9日から、国体一次候補者錬成会がスタートしました。

今年度、本校からは男子生徒1名が候補者として参加しています。

9日は終日、宮城県遠的場にて遠的の練習。

10日は同会場で行われた、宮城県遠的大会に参加しました。

結果は、少年男子第2位。堂々の受賞です。

 

一方、同10日に陸上自衛隊大和駐屯地で行われた大和町武道大会弓道競技。

高校生と一般の選手が集い、船形山からおろす寒風の中で競技を行いました。

本校からは男子3名、女子3名が参加。

結果は、男女ともに高校生の部で優勝。女子は準優勝も果たしました。

男子の部では10射9中と、優勝した選手の好成績が光りました。

 

古川黎明高校弓道部、引き続き応援宜しくお願いします。

メンタルトレーニングに参加して競技力向上へ 11月9日 ソフトボール部

 今年度の大会も終了し、冬のトレーニングの時期がきました。この冬をいかに過ごすかで来年度の結果は大きく変わるといえます。さて、黎明ソフトボール部ですが、この冬を過ごす前にスポーツを続けていくため、また部活動を継続していくために精神面も鍛えようとメンタルトレーニング講習会に参加しました。この講習会は、①試合で勝つ可能性を高める心理的な準備、②練習の質を高め選手の上達を早くする、③人間として(人格)の成長の3つの目的の向上を目指して実施されました。

 練習や試合でいかに力を発揮していいパファーマンスをしていくか、そのためには心・技・体を鍛える必要があります。技・体は練習でも高めることができますが、心を鍛えることで,日々の練習において,技・体をさらに鍛えることができるとのことでした。今回の講習会では,その心をいかに高めるかを体験してきました。例えば、目標設定、自己のセルフコントロール、リラックスの仕方など,メンタルトレーニングに関する様々な話を聞きたり体験し足りしました。講習会後には,それらをもとに部員たちで日頃の部活動や日常生活でも活用できるものを話し合い、この冬の練習メニュー、来年度にむけてのトレーニングの構想につなげることができました。「メンタルを鍛えて自己を競技力を向上していこう」

 

卓球部 令和元年度 県新人大会 結果報告

卓球部 県新人大会の結果は以下の通りです。

 

●女子学校対抗

 2回戦 3-0 角田

 3回戦 3-0 大河原商

 準々決勝 1-3 利府  ※ベスト8

 

●女子ダブルス

 1回戦 櫻井涼・武山 3-1 鎌田・三浦(気仙沼) 

           久本・櫻井優 2-3 佐藤・阿部(仙台育英)

 2回戦 櫻井涼・武山 2-3 菊地・鈴木(聖和)  ※ベスト16

 

●女子シングルス

 2回戦 櫻井優 3-0 阿部(仙台商)

           武山 2-3 武田(多賀城)

           久本 3-0 小山(泉館山)

           櫻井涼 3-2佐々木(聖和)

 3回戦 櫻井優 0-3 高橋(利府)

           久本 3-0 加茂(仙台三桜) 

           櫻井涼 0-3 畑中(利府)

 4回戦 久本 0-3 鈴木(聖和)  ※ベスト32

 

ご声援ありがとうございました!

 

 

夏休みから県新人にかけて

ここのところ、ブログの更新がなかった弓道部。
近況(だいぶ古いのを含めて、ですが)を報告したいと思います。

7月31日にはドイツ・バイエルン州から水泳競技スポーツ少年団・高校生選手の皆さん9名をお招きして、「スポーツコンクルージョン」についての交流会を実施しました。
「障害を持った人でも健常者と一緒に楽しめるスポーツを目指す」という新しいドイツのスポーツ教育のあり方から、多くを学ばせていただきました。こちらでも弓道デモンストレーションのほか、弓道の素引きをレクチャーしたり、弓道着の着付け体験を実施したりと、「おもてなし」の心でお客様をお迎えすることができました。

8月9日には大崎地区弓道講習会が美里町トレーニングセンターで行われ、小牛田農林高校、岩出山高校の皆さんとともに弓道の心得や技術を楽しく学びました。

8月25日には福島県郡山市で東北国体が行われ、本校橋元大輔が少年男子代表選手として出場しましたが、結果は総合4位と、惜しくも茨城県で開催される国体に進むことはかないませんでした。

9月6日には仙台北弓道大会が泉弓道場で行われ、男子個人5位、女子個人6位入賞。

1年生部員の公式戦デビューとなる地区新人大会は10月12日に美里町トレーニングセンターで行われ、男子団体が優勝・準優勝、女子団体が第2位・第3位。個人戦では男子が1位2位3位を独占し、女子も2位3位を獲得しました。

そして迎えた、令和元年度宮城県新人大会弓道競技。
11月1日、宮城県弓道場。天気は快晴。

女子団体は40射16中。準々決勝進出。
男子団体は40射17中。準々決勝進出ならず。

11月2日、個人戦。本校からは男子4名、女子2名が出場。
結果は男女とも準々決勝進出はなりませんでした。

11月3日、女子準々決勝。
結果は20射6中。ベスト8進出はなりませんでした。
精一杯戦ってくれた選手、準備や応援をしてくれた部員の皆さん、3日間お疲れ様でした。

弓道部はこの悔しさをバネにして、冬の間に精神と技術とをもう一度鍛え上げ、来期県総体での捲土重来を目指します。

さしあたっての弓道部の試合予定は
・11月9日〜 令和2年度国体選手一次候補者錬成会(男子1名:宮城県遠的場)
・11月10日 大和町武道大会(男女3名ずつ:陸上自衛隊大和駐屯地)
・12月7日  冬期講習会(男子2名:宮城県弓道場)
・12月14日 全国選抜大会壮行射会(女子4名:宮城県武道館弓道場)
・1月18日  東日本弓道大会宮城県予選会(女子7名:宮城県弓道場)
となります。

県新人明けからは早期入部の中3生を加え、新たな気持ちで活動を開始する弓道部。
引き続きご声援よろしくお願いします。

本吉・栗原登米・大崎支部新人大会結果報告

 10月25日~26日,本吉・栗原登米・大崎支部新人陸上競技大会が栗原市総合運動公園陸上競技場で開催されました。

 今年最後の競技会であった今シーズンの締めくくりとして自己記録の更新を目指して出場した選手,新しい可能性を求めて初挑戦となる種目に出場した選手等々,各選手がそれぞれのねらいを持って出場しました。結果としては男女併せて11種目で優勝の他,多くの入賞者が誕生するなど選手達の当初の目標は概ね達成できたようでした。

 今大会の本校選手の主な成績は次の通りです。

【男子】
〇400mH    優勝 鈴木 悠平(1年)
        8位 阿部 理玖(2年)
〇3000mSC  6位 鈴木 亮平(1年)
〇ハンマー投   5位 大坂 連太(1年)

【女子】
〇100m     優勝 福嶋 唯花(1年)
          2位 齋藤 愛華(2年)
〇200m     2位 齋藤 愛華(2年)
〇800m     優勝 髙嶋 郁花(2年)
         2位 千葉 百瑛(2年)
〇1500m     優勝 髙嶋 郁花(2年)
         3位 柳澤真緒那(1年)
         4位 佐々木愛希(1年)
〇3000m     2位 佐々木愛希(1年)
         3位 柳澤真緒那(1年)
〇110mH     優勝 福嶋 唯花(1年)
〇2000mSC   優勝 千葉 百瑛(2年)
         2位 髙嶋 郁花(2年)
         4位 柳澤真緒那(1年)
〇5000mW     優勝 横田 幸奈(2年)
〇4×100mR    優勝 古川黎明
        [①佐々木智絢(2年),②斎藤愛華(2年),③高嶋郁花(2年),④福嶋唯花(1年)]
〇4×400mR   3位 古川黎明
        [①高嶋郁花(2年),②千葉 百瑛(2年),③柳澤真緒那(1年),④横田 幸奈(2年)]
〇砲丸投      優勝 佐々木智絢(2年)
         2位 菅野 怜美(2年)
〇円盤投      優勝 佐々木智絢(2年)
〇ハンマー投    優勝 菅野 怜美(2年)

 

 

 

 

 

 

1年間ありがとうございました。

来シーズンもよろしくお願いします。

卓球部 令和元年度 新人戦大崎地区予選 結果報告

 

地区新人戦の結果は以下の通りです。

 

●男子学校対抗

【予選リーグ】    2-3 涌谷

           0-3 古川学園

【7~10位リーグ】 3-1 中新田

           3-2 黒川

           3-1 加美農業  ※7位 地区予選敗退

 

●男子ダブルス

  佐久間・泉組 3回戦敗退

 

●男子シングルス

  佐久間 3回戦敗退 代表決定1回戦敗退

  泉   2回戦敗退

 

●女子学校対抗

【予選リーグ】 3-0 松山

        3-0 黒川

        3-0 涌谷

【決   勝】 1-3 岩出山 ※準優勝で県大会出場

 

●女子ダブルス

  優 勝 久本・櫻井優

  準優勝 櫻井涼・武山 ※以上2組が県大会出場

●女子シングルス

  準優勝  久本

  第3位  櫻井涼

  第3位  武山

  ベスト8 櫻井優 ※以上4名が県大会出場

 

平日開催の中,多くのご声援等いただき感謝いたします。

ありがとうございました。

 

県高校駅伝競走大会結果報告

 10月19日~20日,宮城県高等学校駅伝競走大会が若柳中学校前を発着とする若柳公認ハーフマラソンコースで行われました。昨年は受験直後の3年生や投てき選手まで借り出して何とか出場する状況でしたが,今回は中長距離・競歩ブロック5名の選手で臨むことができました。

 選手達は県新人大会が終わってから,5年振りの東北高校駅伝出場を目標に準備を進めてきましたが,残念ながら力及ばす8位という結果に終わりました。それでも選手達はタスキを最後までつなぐことができた満足感と駅伝ならではの充実感を味わい,次の目標に向けて動き始めたようです。

 沿道からのたくさんの声援ありがとうございました。

 今大会の本校の成績は次の通りです。

 〇古川黎明高校 第8位 1時間24分11秒
  ・1区 佐々木愛希(1年) 
  ・2区 高嶋 郁花(2年)
  ・3区 千葉 百瑛(2年) 
  ・4区 横田 幸奈(2年)
  ・5区 柳澤真緒那(1年) 

ソフトボール部 県新人大会(10月15日) 助っ人トリオ現る!!!来年度4月選抜大会出場権獲得か???

 台風19号のため、大会日程を延期して14日から実施。しかし、14日の開会式時点で、自宅等が冠水・浸水・洪水被害により、選手が集まれない学校があったため、表彰式後に顧問会議を実施し、会議の段階で、人数不足で14日の試合の実施が難しい学校については、日程を調整して15日から実施することになりました。本校は2回戦で、柴田高校と対戦の予定でしたが、柴田高校の選手が被害にあい集まれなかったので、15日の第1試合となりました。
15日2回戦第1試合
 柴田 13220000  8
古川黎明03030201× 9×
 延長8回 タイブレーク
強風の中、前半はフライの捕球ミスや、センターの深いフライがそのまま風に運ばれてホームランになるなど、流れが完全に相手チームにあったのですが、4回裏の攻撃から打線がつながるようになり、流れをこちらに引き戻し、最後に逆転することができました。

 

 

 

 

 

 

15日3回戦第2試合
古川黎明 000100  1
常磐木  001061× 8×
 6回コールド
 第2シード校の壁は厚く、いろいろな課題が残るゲームでした。

結果ベスト16に入ることができ、来年4月の県選抜大会の出場権を獲得できました。
 お声がけいただいた先生方、そして助っ人で参加してくれた3名の生徒に感謝申し上げます。ありがとうございました。
さらに練習を積み重ねがんばりたいと思います。 

 選手達の試合前の合い言葉は10月に芸術鑑賞会でTHE SOULMATICS様から頂いた「We can Fly」でした。これからの大会でも円陣組んだとき、一致団結するときの合い言葉は「We can Fly」